栃木全一を唱えたい弱小銀符プレイヤー。 たまーに戦国大戦やLOV、他のカードゲームの事も話す可能性あり。 他に何を書くかわからない、が。 咲夜さんとレティとルナサは私の嫁

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



合同感想

...2013/05/31 01:46...


薄い本というか、今回参加させてもらった「Le bouquet d'amour ~幻想郷妖恋譚~」の他の参加者の感想をば。
正直感想苦手なんだけど書かなきゃいけない気がした、それだけの話。
では順番ずつで。

・みどりさん「目の前の黒いのを積極的にやっつけるには」
タイトル通り対魔理沙を考えてとある行動を起こしたパチュリーとのお話。
特設サイトであ、このパチュリー何かめっちゃ悪いこと企んでるな、と思ってました。
☆感想
開幕からなにしてくれたんですかあなたは
いきなり場外ホームラン級ですよさすがみどり先生、そこに痺れる憧れるー
たぶんこーなるんじゃないかなーと予想してたけどオチがさらに上をいかれた感、skmdy。
とにかく抱きつき方がエロい、まじエロい。
押し倒し方がエロい、まじエロい。
総じてエロい。このパチュリー絶対どSやろ、私わかるで。
参加者として言うならばマジ勘弁してください、いきなりハードルがんあげやめてくだしあ。


・ねこかりさん「月に寄り添いて」
お嬢と記憶喪失の執事的な大きく分けて二つの場面のお話。
魔王ねこかりここにあり。
☆感想
素直じゃないようで素直、わがままなようで気を使ってる、そんなお嬢様でありました。
やはり一番印象に残るのは吸血シーン、伊達に常日頃吸われたいとか言ってない。
まるで情事を見せられてるかのような心境になるのはわざとか天然か。
振り回すようで振り回されもする、そんなちょっぴりガードの甘いお嬢はいかが?と言いたいそんな感じ。

・真昼さん「本日も晴天なりっ」
複数キャラ、例えるならばわらしべな感じ。
特設サイトの文の笑顔であれこれドタバタギャグ?とか最初思ったのは内緒だ。
色んな場所へ移動して色んなキャラに会って物を交換していくお話。
☆感想
甘さ、というよりも穏やかな気持ちにさせてくれるそんな心にやさしいお話でした。
それぞれのキャラの個性もまた強すぎず薄すぎずでほんわかとさせてくれる感じ。
慧音先生マジ乙女。赤面似合うんだよね慧音先生、なぜだ、可愛いからか?いやそれだったら全員(ぶつぶつ

・tauさん「二人歩き、二人の道、一緒の今」
さとりとのピクニックのお話、むっちゃ引っ張られてるけど気にするな。
題名見てぴんと来る奴は訓練された住人。
☆感想
さとりの尻に敷かれ隊発足。
二人だけの落ち着いた恋人同士の日常、堪能せり。
こういう日常が二人の絆をうんたら、あ、わしいいこといった。
とりあえずあれだ、膝枕はやはりジャスティス。

・天空時流さん「天空の AFTERNOON TEA」
天子と衣玖さんの雑談、会話オンリー。
こういう時年長者みたいな人はどうしてこう大人に見えるのか。
☆感想
やっぱり天子はこうじゃなきゃ(確信)
不器用で、素直じゃなくて、だけどもいっぱいいっぱいで、甘えたがり、うむ、理想の天子であった。
そして衣玖さんの空気読み過ぎだけどこの後絶対彼氏に会いに行ってるよね感。
オチは中々に秀逸。

・紫葉ユウキさん「Lovers」
知ってる人はやっぱりやったか!という7人の侍、じゃなかった、7人嫁態勢。
それぞれのデートのお話、おや?敗北者が・・・・・?
☆感想
若干skmdyっぽいことがあってもそれは気のせいだ、うん
それぞれ違った、なんというか、理想を感じた、そんな感じ。
とてもそれぞれの個性が少ないページで詰まってました、あぁーこういうの好きですよぼかぁ。
んで貧乏くじ引いた人はなんとなーく予想ついてた、だって中々そういうシーン描いてくれないんだもん

・たかさかさん「あなたに」
トリということで参加者の何人かの嫁のところへ質問して回るお話。
まさに締めに相応しいお話。
☆感想
たかさかさんがどうこの合同の参加者を見ていたのかが垣間見えるお話。
一部は激しく、一部は落ち着き、一部は慌てふためく。
私の部分に関して色々とツッコミを入れたいところだがしかたない、しかたないんやな……
その辺は置いといて、こいしの自由な可愛らしさがよく書かれていると思うのですようん。
というか本当にいろんなこいしが見えてて可愛らしい。

今回合同に参加しての感想
実は今回レティだけでなく咲夜さんとルナサも書こうとしてました、時間がありませんでした
そして内容をさーてどうすっかなーと考えている間にたかさかさんがレティのところ書いて渡してきた事からすべてがはじまったわけです。
私は思った、どうしてこうなった、と
どんだけハードルがんあげしてきたんだこ奴は、私を殺す気か?と
そんなわけであんな内容になってしまったわけですよ、はい、私は悪くない。

ともあれ、今回のある意味発端役として、何より、参加できたことは本当にうれしかったです。
またこんな事が起きるんじゃないか、という予感はありますがそうなったらそうなったでニゲレンゾォされるんだろうなーとか思ってないですはい。

てなわけでここらで感想終わり、うん、わしには感想無理やわ・・・
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://izayoikuroko.blog.fc2.com/tb.php/13-8d1c9120
CALENDER
05 ⇔ 2017/06 ⇔ 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。